MSPC株式会社 採用情報

PEOPLE

採用情報 > PEOPLE > 大柴 裕太郎

大柴 裕太郎

営業

大柴 裕太郎

なりたい自分に

学生の頃から洋服やカバンが好きでした。セレクトショップで買い物をした時の明るい性格で
オシャレな販売員さんに接客を受け、とても気持ちのいい買い物ができた事を覚えています。
自分もこういう喜びを与えられる仕事がしたいと強く思いました。
高校卒業後にアパレルの仕事に憧れを抱くようになり、アパレル中心に就職活動をしていました。
学生の頃にマスターピースのカバンを愛用していた事もあり、自分が愛用していたカバンを販売してみたいと思い、MSPCに応募しアルバイトとして入社しました。
 

こだわりの生産

自分は直営店、百貨店等での販売を5年間経験し、営業2年経験しています。
販売の時はお客様と話すことでブランドや、商品を気にいって頂ける事にやりがいを感じました。
販売を経験していく中で、今以上に自社ブランドを知りたいと思い、販売から営業に
なりたいと希望し営業になりました。
自分が働く会社の色々な面を学び成長できます。
営業になる過程でマスターピースの自社工場で研修できたのは貴重でした。
カバン作りの工程を見た事、実際にカバン作りに参加したことは勉強になりました。
営業として今はそのこだわりの生産背景を伝えています。自社ブランドだけでなくインポート
ブランド等、様々な提案を行える事、様々な方とお話しをする機会があることは魅力です。

 

ブランドを広めていきたい

営業として信頼関係を築くことが大切だと感じます。
人と話す機会の多い職業なので、話の伝え方を伝わりやすいように意識しています。
セレクトショップ、百貨店等様々な取引先があり、様々な商品提案が求められます。
年代や客層で提案のスタイルを変えて自分たちの持つブランドの良さを伝えています。
取引先との信頼関係を築けた時は嬉しい瞬間です。
人から信頼されて仕事をする事で、ブランドを知ってもらえる場所、
好きになってもらえる場所を増やせると意識しています。

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加