MSPC株式会社 採用情報

PEOPLE

採用情報 > PEOPLE > 鎌田勇佑

鎌田勇佑

みなとみらい店店長

鎌田勇佑

入社のきっかけ

僕は、元々一つの仕事を長く、というよりは、様々な仕事をして自分のスキルを上げたいという思いが強い人間だった為、今まで、色々な仕事をしてきました。
時には、カフェでホール業務やキッチンで料理をしたり、時にはソフトバンクで、IphoneやIpadを売ったり、洋服をメインとしたアパレルスタッフをしたり、他にも色々な職種に就いてきました。
ただ、今思うと、共通している事が一つあることに気付きました。
それは、今まで僕が就いてきた業種は全て、”人 対 人”だということです。
仕事内容はそれぞれ違えど、お客様に対して、面と向かってサービスを提供する、ということ。
中でも、洋服が好きな自分は、アパレルスタッフとしてお客様とお話をし、商品を買って頂くという仕事が自分に一番フィットしていると感じていました。
ただ、アパレルスタッフとして、鞄というジャンルは未開拓の地であり、今まで自分が培ってきた接客力を試したいという思いで、MSPC株式会社に入社しました。

 

仕事の魅力

どんな仕事にもそれぞれの魅力があると思いますが、やはり自分が惹かれたのはmade in japanという部分です。
世界に誇る日本のクラフトマンシップの精神はかっこよく、それを生業としているBASEの職人の方達が丹精込めて作り上げた商品を、僕が責任を持ってお客様の元へ届ける、そして、お客様に笑顔で帰って頂く。とてもシンプルなことですが、僕はそこにとても魅力を感じています。
月並みな言い方ですが、お客様が笑顔になってくれると、やっぱり嬉しいです。

また、これは業務的な面ですが、鞄の売場作りは新鮮で楽しいです。
洋服と違って、元々立体的な物なので、奥行きや高さなど、スペースの使い方も試行錯誤できるので、今まで挑戦できていなかったことへのやりがいも感じています。

働きながら、日々感じている事、意識していること

常に意識し続けているのは、”楽しく、働きやすい環境”です。
仕事は大変とか辛いってイメージが付きがちかと思いますが、職場が楽しくて、働きやすい環境であれば、きっと仕事だって楽しみながらできると、シンプルな考え方ではありますが、僕はそう思っています。
もちろん僕自身も、日々スタッフ同士で高め合いながら、とても楽しく働かせて頂いています。
また、鞄は洋服と違って、シーズンを追って買い替えるというより、シーズンを越えてずっと長く使い続ける物だと思うので、ご来店して頂いたお客様の隣に長く寄り添うお鞄をご提案できるように意識しています。
とにかく、お客様もスタッフもみんな笑顔になれる環境。
それに尽きます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加