MSPC株式会社 採用情報

PEOPLE

採用情報 > PEOPLE > 房村るり子

房村るり子

路面店スタッフ

房村るり子

お客様との”おはなし”がしたくて・・・

小さいころからファッションや洋服が好きで、それらに関わる仕事に興味がありました。
大学生になり初めてアルバイトをすることになりますが、その時もアパレルを選びました。
最初はファストファッションブランドでアルバイトしていましたが、レジ業務やFRへのご案内、品出しが主な業務で接客と言ってもお客様とお話しする機会がほとんどなく、対面接客がしたかった私は、少ししたかったこととのズレを感じました。そこでアルバイトを探しなおし見つけたのがMSPCです。
アパレルの接客は「洋服」のイメージが強かったですが、鞄の接客、しかもメンズの商品を扱うのも面白そうだなと思い最初はアルバイトとしてこの会社に入社いたしました。
 

こだわりの提案

就職活動を始めた際も、私はアパレル業界に絞って探していました。その際私が探すポイントとしていたことは、「いろいろな物やブランドを混ぜて、よりオリジナルな提案ができるセレクトショップ」です。

そして、私がMSPCでのアルバイトを通じて、“作り手のこだわりを、自信を持って提案できるところ”に魅力を感じていた為、このことが出来るブランドを探していました。
探していくにつれ、このようなブランドはかなり少ないことが分かり、より一層、社員としてもこの会社で働きたいと思うようになりました。
 

ワークショップは貴重な機会です

とにかく仲がいいです。自店は勿論のこと、他店舗にヘルプに行く機会もあり、そこのスタッフの方ともお話することが出来るので、仲を深めることが出来ます。

また、工場(BASE)の職人の方が全国に出向いてワークショップを行うことあり、その時には普段関わることができない職人の方やMDの方、プレスの方ともお話しする機会があります。そこで貴重なお話が聞けたりし、とても楽しいです。(皆さんとても気さくでいい方ばかりです!)そしてその際は、顧客様はもちろんのこと、初めてご来店された方にも自社の商品のよさを目で見て、実際に作ってもらって体験して頂く事が出来ます。

そのほかにも他ブランドのPOPUPなどもあり、働いていて日々沢山の刺激がある環境です。
メンズブランドですが、わたしのような販売スタッフを始め、マネージャーや店長としても沢山の女性が活躍していますので、女性もとても働き易い会社であると思います。

自信を持って提案するために

大阪FLAG店では特に海外のお客様が多いので英語力は多少必要です。
海外のお客様は質の高いMADE IN JAPANを求めてご来店されます。

また、鞄を見る方もいれば、アパレルのみを見る方もおり、客層も老若男女幅広い為、一人一人に合った接客スタイルをその時々で変えていくことが必要です。

鞄はカジュアル、ビジネスがあり、私が特に気をつけているのはビジネス鞄の接客です。
ビジネス鞄を見に来る方々は私よりもかなり年上の男性も多く、レザーのものなどは結構値段もするため、若い女性から買うのに抵抗があるかたもいらっしゃると思います。そのような方々にも納得してお買い物して頂けるよう、私自身が自信を持って提案していくことが必要です。そのために日々素材や鞄のつくりの勉強をする事も大切にしています。

後日、ビジネス鞄を買われた方がカジュアル鞄も見に来てくださったりすることもあり、その時はとても嬉しいですし、自分の成長や、やりがいも感じることが出来ます。
このようなケースに限らず、お客様から感謝の言葉や笑顔を頂けた時は一番嬉しい瞬間です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加